事業資金を得たい人は不動産担保ローンが一番使いやすい

金利の負担が小さいのが大きなメリット

事業資金を得たいと考えている人は、不動産担保ローンを利用するのが良いです。
実際に、私もこの金融サービスを利用することで大きな資金を得ることができました。
私は、事業をしたいと考えていたのですが、まとまったお金を自分一人で集めることができなかったという背景があります。
現実的にも、資金を集めるのには限界がありますので、有志を募ってお金を確保しなくてはいけません。
ただ、通常のローンを利用したとしても大きな資金をあまり貸してくれないのも現実です。
例えば、住宅ローンなどを利用すると確かにお金を借りることはできますが、用途を限定される傾向があります。
実際に、住宅を購入するときにしか利用できませんので、事業資金を目的として使うことはできません。
一方で、不動産担保ローンに関しては事業資金として使うことができますので、非常に重宝します。
私が利用した時には、相談をした段階から事業資金として利用することを伝えていましたので、それを前提に審査を進めていきました。
実際に相談をしてすぐにメリットを感じたのが、金利が非常に小さいというメリットがあった点です。
一般的にも、融資を受けるときには長期の金利が負担になってしまって、返済をするのがツラくなることもあります。
私も住宅ローンを利用したことがありますのでわかりますが、大きなお金を借りるほど、そこにかけられる金利の負担は大きくなります。

資金調達の達人、本日の言葉
#不動産担保ローン
不動産担保ローンは個人や法人を対象にした不動産を担保にまとまった資金を借りられるローンをいいます。
これは、資金使途が自由で、担保となる不動産によって融資額は数百万円から数億円まで対応しまた金利は無担保ローンより低めになっています。

— 資金調達の達人 (@prUd4xdVDIzxnGv) February 25, 2019

金利の負担が小さいのが大きなメリット担保となる不動産の価値に注意審査に時間はかかるが利用しやすいサービス

不動産担保ローン不動産担保ローンとは?